株式会社ライブクリエイト 公式ホームページ

  1. 体験レポート
  2. 356 view

フィリピン研修・投資ツアー2018 新しい体験を!お金の知識を!体験しながら学ぼう!1

こんにちは!ライブクリエイト大阪支社の大名(おおみょう)あだ名は“大将(たいしょー)”です。私はコンテンツのフォローアップ大使として現地の様子や渡航中の情報発信を行っていきます。

日本人の旅行先として人気のフィリピン初めて訪れる人は、現地の治安が気になるでしょう。基本的にこのツアーは自己責任のもと行動して頂きますので必ず最後まで読んでおいてください。

フィリピンの治安が心配ですといった質問を多く受けたので調べてみました。(現地の人にも聞きました!)確かに日本と比べたら治安の悪いフィリピンですが、基本的に最低限の注意事項を守って行動していれば問題はありません。

フィリピンの治安、また旅行者が実践できる6つの安全対策を解説します。

フィリピンの治安、外務省の情報は?

フィリピンの治安を知りたい時は、最新の危険情報を外務省の海外安全ホームページで確認しましょう。私が確認した時のフィリピンの治安は以下のようになっています。

「治安レベル1」はほとんどの途上国で発令されている

フィリピンの首都マニラや、旅行者の多いセブの治安はレベル1「十分注意してください」となっています。一部、イスラム過激派と政府軍の間で抗争が続くミンダナオ島ではレベル3「渡航は止めて下さい」が出ていますが、まぁ旅行で訪れる人はそういないでしょう。

マニラやセブの”治安レベル1”ですが、これはほとんどの途上国で発令されています。東南アジアであれば、カンボジアやミャンマーなど、日本人が多く生活している国でも、国土のほとんどが治安レベル1となっています。

治安レベル1「十分注意してください」は、もちろん殺人や誘拐といった凶悪犯罪に巻き込まれる可能性も少なからずは存在しますが、基本的に「スリや窃盗、置き引きといった軽犯罪に十分注意しなくてはならない」と理解して問題ありません。

フリピンの治安を心配するなら”軽犯罪”の危険性を頭に入れておこう

海外に長期滞在する人であっても、日本人が殺人や誘拐といった凶悪犯罪に巻き込まれるのは、2~3年に一回あるかないかと言われています。

しかし、表沙汰にならないだけで、スリや窃盗、置き引きなどの被害を受けている日本人はいます。フィリピンの治安を心配する人は、スリや窃盗、置き引きなど、軽犯罪の危険性を頭に入れておきましょう。

窃盗やすりに合わないために「リュックは前で背負う」「集団行動をする」などを心がけてください。

マニラの治安は?

“基本的”に、マニラの治安は安定していると考えて問題ありません。“基本的”と書いたように、日本人旅行者がマニラを旅行する際は、注意すべきこともあります。

スリや置き引きに注意しよう!

マニラですが、急激な都市化によって貧富の格差も広がっており、ストリートチルドレンをはじめ路上生活者もいることから、危険なイメージを持つ人もいるでしょう。

旅行者であれば特に、スリや置き引きといった軽犯罪に注意しましょう。日本人のような先進国からの観光客はターゲットになりやすいので、最低限の安全対策を心がけましょう。

フィリピン旅行者ができる6つの安全対策

日本は世界で一番安全な国です。だからこそ、日本と比べたら治安の悪いフィリピンを旅行する時は、普段と同じような過ごし方をしていてはダメです。

フィリピンを旅行する人ができる6つの安全対策をまとめました。

1)人ごみでは長時間滞在しない

どんな国であっても、人がごった返している場所の治安は悪いです。フィリピンも例外ではありません。特に、バスターミナルは人がたくさん行き交うため、要注意スポットです。

路上生活者も多いマニラでは、暗くなった日没後、人ごみでスリや窃盗に旅行者が巻き込まれる危険性も十分考えられます。長時間の滞在は避けましょう。

2)できるだけ集団行動を

物価の安いフィリピン。節約を意識するあまり、セキュリティや周辺の治安事情を考慮せずにホテルを決める人がいます。そういった場合でもフィリピンに到着してからは出来る限り大人数で行動するようにしましょう。

そのため、FBグループに雑談スレッドも作っておきます。参加者の皆さんで交流を深めながら良いツアーに出来ればと思います。(自己紹介スレッドから自己紹介しておいてください)

3)現地人でも近づかない場所には足を運ばない

フィリピン人でも近づかない場所には、興味本位でも足を運ぶべきではありません。フィリピンに到着してから、滞在先のホテルやタクシーのドライバー、または弊社スタッフに「ここだけは行ってはいけない場所はある?」「周りに治安の悪い場所はある?」と聞くのもいいでしょう。

例えばフィリピンの場合、ボランティア活動やスタディツアーならともかく、売春宿が立ち並ぶエリアやスラム街(貧困地区)が広がるエリアは、治安も悪く危険なため、旅行者が気軽に近寄るべきではありません。

4)日本語で話しかけてくるフィリピン人には注意する

フィリピンには日本人の旅行者が多いことから、「日本人ですか?」といきなり話しかけてくるフィリピン人がいます。

もちろん、単純に日本人に興味を持っている人もいますが、中には観光客をカモにしている悪い人も。何を意図に話しかけてきているのか、注意しましょう。

5)交通安全に気を付けよう

フィリピンの治安というと、犯罪の危険性をすぐに思い浮かべるかもしれません。しかし、途上国旅行で最もリスクの高い有事は、殺害や誘拐、強盗ではなく、交通事故なんです。フィリピンのような途上国では、「歩行者優先」という考え方はありません。日本と同じ感覚で呑気に歩いていたら危ないです。

金銭的に余裕があるなら、UBERやGrabなどの配車アプリを利用しましょう。特に現地の方は「Grabがいいよ」と言っていただいたので、アプリダウンロードと登録をしておくと便利です。


6)ネット環境を保つ

「ネット環境を常に保つ」ことが一番の安全対策になります。ここ重要!!

移動中もネット環境があれば、道に迷った際、すぐに調べることができます。また、UberやGrabを使えば、すぐにタクシーを呼ぶことも可能です。

また、FBグループでの連絡、やり取り、電話が可能です。ですのでネット環境は出来る限り整えていて下さい。(ほんとに!!)(トラブルに関して弊社は一切の責任は負えません)

SIMフリーのスマートフォンを持っている人は、フィリピン到着後に携帯ショップでSIMカードを購入できるか聞いてみましょう。マニラやセブの空港でも購入が可能です。日本から海外Wi-Fiレンタルを持参するのもいいでしょう。イーツアーサイト(https://www.etour.co.jp/service/wifi/)からもレンタル可能です。

リスク管理はしっかりやろう

ここまで、フィリピンの治安事情と旅行者ができる安全対策を紹介しました。一方で、どんなに用心しながら過ごしていても、フィリピンのような途上国の旅行に予期せぬハプニングは付き物。

柔軟性を持った行動と、事前のリスク管理!ネット環境を保つ!

さいごに

日本人の旅行先として大人気のフィリピンですが、当然ながら日本のような治安は期待できません。皆さんで有意義なツアーにするためにも最低限の知識を入れて、他国の現状や価値観などに触れるいい機会でもあります。その中でたくさんの事を学んで頂ければと思います。

紹介した6つの安全対策を参考に、フィリピンツアーを安全かつ有意義なものにしていきましょう。

第1回目は一番大事な『安全』に関わるところをレポートしました!後日、詳しい現地でのスケジュール等も発信させていただきますので、お楽しみに!

第2回目のフィリピン研修・投資ツアーのレポートはこちら
↓↓↓

【執筆者】株式会社ライブクリエイト取締役、大阪支社長の大名(おおみょう)。前職は焼き鳥屋に12年間勤務。一念発起しセミナー講師として数ヶ月で人生を変えた男。世界クラスのスピーカーたちと同じ舞台で登壇するなど八面六臂に活躍。
大名 進輔 プロフィールはこちら

体験レポートの最近記事

  1. フィリピン研修・投資ツアー2018 新しい体験を!お金の知識を!体験しながら学ぼう!2

  2. フィリピン研修・投資ツアー2018 新しい体験を!お金の知識を!体験しながら学ぼう!1

関連記事